End of the Year! (Japanese)

カエイファミリーの皆様

いよいよ、学年の終わりの時期になりました。5月29日は卒園式です。カエイ幼稚園から小学校へ子供たちが巣立っていきます。カエイ幼稚園の年中組は、いよいよ年長組にあがります。この二つのクラスをカエイ学園全体でお祝いをしたいと思います。是非、卒園式に皆様いらしてください。この時期、教員たちは、とても感傷的になります。昨年の8月から一緒に学園生活をした一人一人の子供たちへの愛惜は深く、御別れする時を想像すると、胸が詰まってきます。それほど、心を込めて子供たちと接してきたのです。卒園式の詳細については、別の欄で記載しますので、ご覧下さい。

カエイミュージックショーを境に、多くの子供たちが飛躍的に成長しました。年長は、身の回りのこと全てや学校からの伝達を子供たち自身でできるようになってきました。年中は、以前よりもっと、友情を深めることができ、人と人の交わり方も理解でき始め、楽しく楽しく遊んでいます。年少は、自分の意見や、自分の状況など、自分の想像ではなく、事実を把握し、それをお話しできます。2−3歳児クラスは想像力が発達し、いろいろなファンタジーのお話ができるようになりました。1歳半−2歳児クラスの子供たちは、周りのことがだんだんよくわかってきて、それに関わっていこうとしていますね。そして、小学生のみなさん、協力、個人の尊重、自分の素晴らしさ、仲間の素晴らしさ、平和ということ、希望ということ、人生の夢、自分で考えることができ、また、そのために学問の知識が必要であることもわかり、何事に対しても一生懸命しようとする姿勢が現れています。

カエイ学園は、単なる語学学校ではありません。語学を通じて、その語学の文化を知り、互いの文化や社会を相互理解できるような人となり、人との関わりを深く理解できるような人となり、どんな状況でもあきらめずにそれを乗り超えるような情緒が発達した人となり、情緒教育を中心に平和教育も取り入れて、人としての尊厳性を高める素地作りの教育方針です。英語だけがうまくなればいいというご両親もおられますが、たとえ英語が上手になっても、人との関係をうまく築けないようでは、自分の能力を最大限に人生に生かすことができません。自信を持って、しかもおごらず、自分の価値を十分理解し、相手を尊重し、自分だけの世界だけで生きるのではなく、人々と共に生きるこの世界を、自分と他の人と一緒に協力し合って、互いが幸せに思える社会を築いていくためのリーダーシップを発揮してほしいために、カエイ学園を創立しています。この方針を本当に今まで、今年もまた、多くのご両親たちが深く理解し、共に今日まで歩んで頂きました。深く、深く感謝申し上げます。今後とも、この方針は持ち続けます。それは、この世界をまた地球を、宇宙を大切に思う心からです。子供たちが、子供らしく、その可能性を信じ、のばしていくことが、私たちの使命です。

サマースクールは、エコロジーについて、毎年学びます。そして、今年は、8月に新1年生になるクラス以上の子供たちは、午後2時まで開校します。その子供たちはお弁当を持ってきてください。特に新1年生は、1年生の準備期間として、楽しい算数とミャンマー語の基礎をいたします。

サマースクール期間の午後は、教員研修及び勉強会、また、来年度の指導要綱の再編成など、教員たちは、子供たちの教育を更に確実になるよう、邁進努力しております。先生方の熱意もご理解いただければ幸いです。

Principal